松月ブログ

2015.11.20

旅館情報

【受賞】朝ごはんフェスティバル(R)2015頂上決戦 準優勝!全国二位!

全国のホテル旅館で提供される朝食の日本一を決める「朝ごはんフェスティバル(R)2015 頂上決戦」(楽天トラベル主催)が11月18日、東京で行われまして、当館が中国・四国地区代表として出場してまいりました。

出品料理は「彩スムージー」と「境港産シロイカのおろし丼」です。

日本一を決める頂上決戦にコマを進めたのは、以下の7ホテル旅館です。
 

【審査順(上記写真左から順)】
1.野沢温泉 ホテルハウスサンアントン(中日本 地区代表)
2.シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾート(北海道 地区代表)
3.ホテル日航アリビラ(九州・沖縄 地区代表)
4.ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド(西日本 地区代表)
5.離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘(東北 地区代表)
6.皆生温泉 海色・湯の宿松月(中国・四国 地区代表)
7.塩原温泉 四季味亭ふじや(関東 地区代表)

全国各地区を勝ち抜いてきた、そうそうたる顔ぶれです。

今回はこの大会の模様と結果をお伝えします!

新鮮なシロイカをお届けするために、当日境港で水揚げされたシロイカを朝5:00に旅館まで届けて頂きました。

当館の戦いはこの時間からスタートです。

旅館に届けてもらったシロイカを、素早く下ごしらえして梱包します。

このシロイカを若女将と若手調理人西村君が朝一番の東京行きの飛行機で持ってまいりました。

無事会場に到着し、朝獲れの新鮮なシロイカで勝負します!

左から里村正志調理長、望月亨、西村健太の3名で戦います。

さすが頂上決戦だけあって、多くのマスコミが取材に来られます。

料理しているところを審査員の皆さんが見学に来られました。
今回も「料理の鉄人」クラスのシェフ・料理人が審査員に名前を連ねます。
舌の肥えた超一流の方々です。

左から茂出木 浩司審査員(「たいめいけん」オーナーシェフ)、吉野 建審査員(「レストラン タテル ヨシノ」パートナーシェフ)、浜内 千波審査員(ファミリークッキングスクール主宰、料理研究家)

左から中村 孝明審査員(「レストラン中村孝明」オーナーシェフ)、神戸 勝彦審査員(「リストランテ・マッサ」オーナーシェフ)、川向 和美審査委員(前年度チャンピオン下呂温泉 和みの畳風呂物語の宿 小川屋 料理長)

左から神田川俊郎審査員(「神田川本店」店主・全日本調理師協会名誉会長)、陳 建一審査員(「四川飯店」オーナーシェフ・日本中国料理協会会長)、武田 和徳審査員(楽天株式会社取締役常務執行役員)

いよいよ料理も完成に近づいてきました!

当館の発表順は最後から2番目、6番手です。

審査の時間を見計らって、炊き立てのご飯にシロイカを乗せます。

さぁ!いよいよ本番です!
バックヤードを走る松月調理チーム!

こちらが当館出品の特別朝食「彩スムージー」と「境港産シロイカのおろし丼」です!

地方大会での審査員の皆さんのご指摘や反省を踏まえて、さらに進化させました。

【彩スムージー】

緑 大山ブロッコリー・小松菜他
知名度の高い大山ブロッコリー他、小松菜、セロリなどを苦みをおさえて飲みやすく。ミネラル豊富な緑色系はコレステロールを下げる働きがあります。
黄 にんじん・かぼちゃ
低農薬で作られたにんじん、かぼちゃはカロテンが多く含まれ、自然な甘さでからだを守り、風邪の予防にも効果があります。
赤 日南トマトジュース
山あいの地元、日南町より新鮮なトマトが届きます。色の成分リコピンは抗酸化作用が期待されます。
白 地産大豆湯葉すり流し
市内契約の地産大豆で作る湯葉・豆乳は混ざり物無しの良質のたんぱく質飲料。消化の良いヘルシーフードです。
紫 大山ブルーベリー果実ジュース
大山山麓で作られるブルーベリーを主に、秋のブドウ、冬のイチゴをデザートとして調整しました。
泡 県産梨のムース
晩夏より出回る二十世紀梨から冬の晩三吉梨まで梨は鳥取県の名産。食物繊維が豊富でやさしい甘さが特徴です。
透明 国産レモンジュレ
国産レモン果汁を少量のメイプルシロップで調整。ビタミンC,クエン酸効果でリフレッシュします。

【境港産シロイカのおろし丼】

初夏から秋の風物詩として、水平線いっぱいに広がる漁火。
当館最上階の露天風呂から綺麗な漁火をご覧いただけます。
その漁火の一つひとつはイカ釣り船の灯りで、夜中に操業して翌朝、境港に水揚げします。シロイカは全国的には剣先イカ、赤イカ等と言われますが、山陰では身が透き通った白いうちに流通するため、シロイカと呼ばれています。

お客様にお献立をご用意していることや、料理のポイントを伝える調理長。

名立たる有名シェフ、料理人の皆様に審査して頂きます。

そうそうたる顔ぶれの審査員の皆様

今回わざわざ全国から多方面の先生に応援に駆け付けて頂きました。

最後に社長、若女将から応援メッセージを審査員の皆様に伝えます。

若女将は自ら朝一番の飛行機で新鮮なシロイカをお持ちしたとお伝えします。漁船の皆様、市場の皆様、卸の皆様の協力があり、最後に朝早く旅館に残る調理スタッフが下ごしらえして持ってまいりました。関係者全員の「新鮮な美味しいシロイカをお届けしたい」という気持ちを説明します。関係者全員の協力があって完成したシロイカのおろし丼です。

社長からは、夜に旅館から見える水平線に並ぶ漁火でとったイカを、翌朝お召し上がりいただく『料理の中に情景』を盛り込みながら、新鮮な食材をお食べ頂くのが、当館の最高のおもてなしだと考えますとお伝えさせていただきました。

スムージーは、去年の地方大会もスムージーでチャンレンジしたのですが、苦味だったりえぐみだったり、完成度が低かった部分を1年間徹底的に研究し、さらに今年の地方大会でのご指摘を踏まえてより進化したのではないか、とお伝えしました。

参加7施設すべての審査が終わり、別室で集計・審査です。

別室での審査員の皆様勢揃い。
このメンバーが勢ぞろいするのも、この朝ごはんフェスティバル(R)ならではの光景ですね。

審査が終わり、いよいよ発表です!
緊張の面持ちで並ぶ代表達。

そして審査員の皆様。

最初に呼ばれましたのは審査員特別賞。
左から野沢温泉 ホテルハウスサンアントンさん(中日本 地区代表)とホテル日航アリビラさん(九州・沖縄 地区代表)です。

続きまして5位(左)はシャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ ホテル&スパリゾートさん(北海道 地区代表)、4位(右)は離れの隠れ宿オーベルジュ鈴鐘さん(東北 地区代表)。

いよいよ3位以上の発表です。
ここまで名前が呼ばれないのが信じられません!

第3位は塩原温泉四季味亭ふじやさん(関東 地区代表)でした。

残すは優勝と準優勝のみ。

名前を呼ばれていない当館とホテルラ・スイート神戸ハーバーランドさん(西日本 地区代表)が並びます。

ラ・スイート神戸さんは前年・前々年と2年続けて頂上決戦準優勝の実力者です。
まさかそのラ・スイート神戸さんと優勝を競うなんて、夢を見ているような気持ちです。

でもここまできたら、優勝したい!

手を合わせて祈ります!

発表方式は、封筒開封方式です。
封筒に「優勝」「第2位」どちらの文字が書かれているかドキドキです。

さぁ、封筒を二人が同時に開封します!

当館の封筒は「第2位」!!!!!!!!!!!!!!

頂上決戦初出場ながら、この成績は思ってもみませんでした!!!!!!!!

料理の鉄人、中村 孝明審査員(「レストラン中村孝明」オーナーシェフ)から準優勝楯を手渡される里村調理長。

「嬉しい気持ちと残念な気持ちと両方の複雑な気持ち」とインタビューに答える調理長。

みんなの期待に応えて、よくぞここまでやってくれました!

前年、前々年と惜しくも準優勝だったホテルラ・スイート神戸ハーバーランドさん(西日本 地区代表)が悲願の優勝です!

おめでとうございます!

戦い終わって、大喜びの戦士たち!
よくぞやってくれました!

社長と若女将も入って「第2位」サイン!!

楽天トラベル神戸支社の歴代担当ITCの皆さん勢揃い!
転勤で東京に移動になった皆さんもいろんな形で頂上決戦に来ていただきました。
こんなに嬉しいことはないです。

優勝したラ・スイート神戸ハーバーランドさんの担当の大六さんとは昔からの友達!
全国大会でワン・ツーなんて、喜びも2倍です!

両ホテルを担当してもらっていた蔵川さんと3人でワン・ツーの快挙に話が弾みます!

最後にみんなで記念撮影!

楽天トラベル担当の有馬さんには、本当にお世話になりました。
日本一を目指すという無茶な夢に一緒に乗ってくださり、今日まで一緒にやってくださいました。
あなたがいなければ準優勝は掴めなかったに違いありません。
ありがとうございました。

大会の模様は、朝ごはんフェスティバル(R)2015>日本一が決定!頂上決戦でどうぞ。

なお、この出品料理のご宿泊プランをご用意しております。

【朝フェス2015全国大会準優勝記念】スムージー特別朝食とスタンダード会席夕食プラン

1日限定2組様となっておりますので、よろしければご検討くださいませ。

■参考記事
【楽天トラベル】朝ごはんフェスティバル2015(R)中四国大会 優勝!
【楽天トラベル】朝ごはんフェスティバル2014(R)西日本大会 3位入賞
【楽天トラベル】朝ごはんフェスティバル(R)2013西日本地区予選出場

PAGE TOP

うさぎ

雲

雲