おもてなし

昭和2年創業松月の歩み

集合写真

昭和10年の宿屋営業許可証

昭和10年の宿屋営業許可証

昭和2年(1927年)昭和2年創業・・・皆生温泉で最古の暖簾

皆生温泉は1900年に海から涌き出る湯を漁師が発見したのがはじまりと言われております。
全国の温泉の中でも海に湯が湧く温泉は珍しく、当時から湯治場として人気を集めておりました。

松月が皆生温泉に旅館としての営業をはじめたのは昭和2年(1927年)12月、米子市制が施行された同じ年に鹿児島県出身の初代女将福元ヤス(1903-1982)により木造二階建ての純和風料理旅館として創業いたしました。

創業当時は昭和4年に始まる世界的な大不況の時代で、多くの旅館が廃業、芸者も半減する大変な時代でした。当館は目の前が浜辺である立地と日本海の新鮮な海鮮料理がお客様に好まれておなじみ様が次第に増え、皆さまに支えられて続いて参りました。

松月は目の前が海ということで「眺望第一 内湯旅館」と銘打ち、松越しに月を眺めながら潮騒をきく風雅な宿でした。しかし、目の前の海岸は侵蝕という危険もはらんでいました。以前より盛んに行われていたたたら製鉄が大正年間に終わりを告げ、日野川よりの土砂の流出がとまったため、昭和7年ごろより海岸が侵蝕されてきました。昭和10年には一号源泉が水没。昭和13年には薬師堂が波浪により倒壊。松月も軒の下まで海が洗う時もあり、建物の流出の危機がたびたび繰り返されていました。戦前は侵蝕に対して自然のなすがままでした。

昭和10年の宿屋営業許可証

昭和10年の宿屋営業許可証

昭和15年(1940年)2度の世界大戦・・・皆生温泉とともに

昭和15年に二代目女将の福元サチ子(1921-2007)が鹿児島県の旧士族佐伯家より、初代女将の弟善行の嫁として松月に迎えられ、初代女将とともに旅館を切り盛りするようになりました。

太平洋戦争時代は軍指定の戦争傷病者の方々をおもてなしする温泉療養宿でした。

終戦間際には三柳にある陸軍航空隊から鹿児島経由で沖縄に旅立つ神風特攻隊の若き青年たちの常宿で、最後の宴がひらかれると旅館が総出になって歓待をしておりました。翌朝旅館の真上を旋回して別れを告げる青年に、総出で竹竿に国旗をつけてお見送りをしたとのことです。

戦後の激動期は、物資のままならぬ時代を乗り越え、料理旅館として地元の皆さまにかわいがって育てていただきました。皆生温泉も温泉地として発展し、終戦当時は当館を含めわずか7軒しかなかった旅館の数も昭和20年代末になると多くの旅館がぞくぞくと開業して17軒になりました。

松月

昭和22年(1947年)荒波との戦い・・・侵食される海岸

戦後になり、懸念であった海岸侵蝕に対してようやく防潮堤工事が着工されました。まず昭和22年に松月前に第一突堤が完成。いわゆる「とうふ岩」と呼ばれるブロックを海岸線に対して垂直に突き出す防潮法です。しかし、この突堤も建物流失の危機を防ぐことはできませんでした。
その後幾度も旅館建物が流失の危機に見舞われ、ようやく海岸線の後退を防ぐことができたのは昭和46年に着工された現在の離岸堤(テトラポット)が完成してからでした。

現在も皆生海岸の代名詞となっている海岸沖合100メートルに海岸線に平行に離岸防波堤を設置することにより、長年にわたる自然との闘いに終止符が打たれました。

初代の弟を戦争で亡くす悲しみを乗り越え、初代と未亡人となった二代目が力を合わせ、女手で切り盛りをしてまいりました。

初代ヤスと二代目サチ子

初代ヤスと二代目サチ子

昭和52年(1977年)心からのおもてなしができる旅館でありたい

昭和30~50年代鉄骨のホテルが続々と増えていく温泉旅行全盛の時代にも、初代と二代目は木造の宿と家庭的ぬくもりのある宿にこだわり続け、創業当時から変わらぬなおもてなしでお客様をお迎えしてまいりました。

そして、昭和52年、三代目となる現女将福元芳子(1942-)が旅館に入り、ともに旅館をするようになりました。

建物は月日が経つにつれ老朽化してゆきます。増築や改装を数度もおこなってはいますが、長年の海風が木造の建物を傷め、安全と快適さが失われました。おなじみ様からの強い要望もあり、これを機に平成10年の夏建物をすべて取り壊し、新しく建て直すことにしました。新築することで大きな旅館にするのではなく、お客様を心からおもてなしのできる創業時からの規模(客室数現在19室)にこだわりました。

松月 エントランス

平成11年11月11日11時11分
全館新築OPEN

そして、平成11年11月11日、全館を新築してグランドオープンいたしました。松月の再スタートです。

新築に当りましては、総合企画の(株)リョケンの松田常務、設計監理の(株)東建築事務所の東所長、樋口さんには大変お世話になりました。

新築に先立つ平成9年、地元新聞社勤めをしていた福元隆司(1972-)が4代目として旅館業を継いで新築プロジェクト計画に参加しました。新築の翌年平成12年4月には4代目女将となる福元恵美子(1972-)と結婚し、夫婦ともどもお客様に愛される旅館づくりに日々精進努力しております。

その後数度にわたるリニューアルを行い、お客様に快適にお過ごしいただける施設にしてまいりました。平成14年9月にはアロマとタラソのスパエステ棟新築と温泉を引いた露天風呂付客室(2部屋)を改装、平成20年7月には眺海露天風呂付客室(7部屋)の改装と岩盤浴の新設、そして平成24年7月にはカバナルーム(1部屋)の改装。平成26年には全室Wi-Fi完備と、時代に合わせて設備を更新してまいっております。

松月 全景

温故知新・・・平成29年で創業90年

皆生温泉で商売を始めさせていただいて平成29年で90年が経ちます。創業以来、二度にもわたる世界大戦、そして幾度にもわたる不況の時代を乗り越え、皆生で最も古い旅館としての暖簾を守り続けてまいりました。

温故知新とは論語の言葉で『古きを温(たず)ね、新しきを知る』という意味です。今後も日本旅館としての古くからの伝統を大切にしつつ、お客様が快適にお過ごしいただける設備や料理・サービスを、時代に合わせて常にアップデートしてまいりたいと思います。

時代は移ろい行きますが、いつまでもお客様にご満足いただける宿として、スタッフ一同励んでまいりたいと思います。今後とも海色・湯の宿 松月を御愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

松月ライブラリー

PAGE TOP

うさぎ

雲

雲