松月ブログ

2018.07.13

旅館情報

【新館新築】松月姉妹館「游月」来春誕生

創業90年の2017年、松月の新たなコンセプトの旅館建設がスタートしました。

少し離れた海沿いの隣地(なぎさ園跡)に、松月の姉妹館を建設いたします。

新館の名前は「皆生游月(かいけゆうげつ)」

完成は2019年3月中旬を予定。
オープンは2019年春頃です。

コンセプトは
フロントオーシャンビューの次世代・ハイブリッド型RYOKAN」。

以下の特徴を備えます。
 

1.大浴場
~「インフィニティ露天風呂」

シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのインフィニティ・プールをイメージした温泉露天風呂。

2.部屋
~「全室テラス温泉付フロントオーシャンビュー和洋室」

海一望のテラスに温泉を全室に設置します。居室はツインの洋室と畳の和室がセパレート。

3.レストラン
~「ソムリエ料理人と会話を楽しむ海一望の創作和食レストラン」

43mの長さを誇る海一望レストラン。ソムリエ資格を持つ一流和食調理人がマリアージュをご提案。

4.スパエステ
~「極上の癒しスパエステ」

国内有数のスパエステ様による、リラクゼーションのスパエステ。

旧来の団体旅行旅館にあるような宴会場やコンベンションはございません。

愛する人と過ごす特別な一日」のためのRYOKANでありたいと思います。

あえて旅館でなくRYOKANと表記し、旧来の定義の旅館でないことを強調させて頂きました。
手を伸ばせば届きそうな距離にビーチと海が広がります。
以下、詳細にご紹介いたします。

1.大浴場
~「インフィニティ露天風呂」


7階には10数メートルの長さを誇る、日本海一望の温泉をひいたインフィニティ露天風呂をご用意します。

【パース新着(2018.6.29)】

シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズのインフィニティ・プールをイメージしたフロントオーシャンビューの温泉露天風呂は、水平線と湯船が一体となるインフィニティ露天風呂。湯船と海の境がなく、自然との一体感を体験して頂けます。

インフィニティ露天風呂はホリゾンタル露天風呂と言う場合もあります。海に向かって流れ落ちる10数メートルのインフィニティ露天風呂の湯船は水平線と融合し、海に浮かんでいるかのような次世代の展望露天風呂です。

【基本計画策定時(2015年12月)の大浴場パース】
(上記パースは計画の早期に作成しましたので、実際はさらに大きく広くなる予定です)

天候により露天風呂にお入り頂けない場合でも、内湯大浴場もございます。
また、男女とも要望の多いサウナを設けます。

2.客室
~「全室テラス温泉付フロントオーシャンビュー和洋室」

【基本計画策定時(2015年12月)の客室パース】

​海が目の前の立地を最大限に活かし、

A)全室フロントオーシャンビュー
B)全室テラス温泉露天風呂付

C)全室仕切り(セパレート)型和洋室
の特徴を備えます。

A)全室フロントオーシャンビュー

客室はすべてフロントオーシャンビュー。海が正面に見えない部屋はありません。「非日常」こそ旅の醍醐味です。目の前に広がる大海原を眺める客室こそ、お客様にとって最高の気分転換になる客室と考え、すべての部屋を海に向けました。

B)全室テラス温泉露天風呂付

今やビューバスこそ、世界のスタンダード。游月では全室がビューバスです。

海側のテラスに「温泉」を引いた風呂はオーシャンビューの絶景。
常時温泉を張った専用露天風呂がありますので、いつでもお好きな時に、海を眺めながら「温泉」をお楽しみいただけます。

テラスと客室の間には、天候により温泉に入れない場合を想定し、海を眺めるバス(もしくはシャワールーム)を設けます。

旧来の旅館の部屋バスは簡易な景色の見えないユニットバスが主流。部屋にバスがない旅館もあります。旅館には大浴場があるので、客室のバスは簡単でいい、というのが旧来のスタイルでした。游月では全室に温泉露天風呂を設置。全室に常時温泉を張った専用露天風呂を設けた宿は全国的に珍しく、次世代の客室スタンダードを目指しました。

C)全室仕切り(セパレート)型和洋室

居室は全室にツインベッドの洋室と畳敷きの和室を備えます。
和のくつろぎと洋の機能を併せ持つハイブリット型客室こそ、次世代の旅館の部屋ではないかと思います。
旧来の旅館の部屋はプレーンな畳敷きの居室ひとつでくつろぎ、食事をし、布団を敷いて眠るというスタイルでした。新館では、寝食分離が当然のライフスタイルになった現在に合わせ、次世代の客室としました。

洋室・和室ごとにお休みいただけますので、複数ユニットで1部屋をご利用いただけます。
友達ご夫妻(カップル)、三世代のご旅行でも寝室が分かれているのでプライベートを保てます。例えば、おじいちゃんおばあちゃんはベッドルームで、お父さんお母さんお子様は和室でというふうに。さらに、1ルーム2ユニット4名でご利用頂きますと、おひとり様当たり宿泊料金が1ルーム2名よりも大幅にリーズナブルになります。大切な人と大切な日のご旅行に最適です。

一般客室(28室)は居室50㎡+テラス10㎡を予定しております。
特別室(4室)は居室100㎡+テラス20㎡を予定しております。
 

コンセプトの原点カバナルーム

游月の部屋コンセプトの原点になったのは、2012年にリニューアルした松月の101号室「カバナルーム」です。

海のご覧いただけない1階にございますが、専用の扉から庭を通ってビーチ直結のハワイなどリゾートにあるカバナタイプの部屋です。この部屋には温泉を引いた露天風呂、露天風呂直結の内湯、そしてシモンズベッドのツインルームと和室を設けております。この部屋スタイルが時代のニーズにマッチし、2012年に改装後現在でも客室稼働率9割を越える人気を誇っています。

このカバナルームが全室オーシャンビューになったのが、まさに游月のお部屋です。
 

3.レストラン
~「ソムリエ料理人と会話を楽しむ海一望の創作和食レストラン」

お食事は43メートルもの長さを誇るフロントオーシャンビューのレストランをご用意いたしました。

【パース新着(2018.6.17)】

お食事は境港水揚げのとれたての魚介類を中心にした日本料理をご用意します。

複数在籍のソムリエと唎酒師が「飲食同調(マリアージュ/ペアリング)」を考えて、味わいは和食ながら、洋のワインにも合う創作和食を提案いたします。

朝ごはんフェスティバル全国2位などの受賞歴を誇り、食事の評価の高い松月の里村調理長を総料理長とし、松月と変わらぬ高品質な食事を提供いたします。

夏は海に沈む夕焼けを眺めながら。また日が沈むと水平線にイカ釣り船が並びます。
冬は防波ブロックに打ち寄せては砕ける冬の日本海の荒々しさを眺めながら。
春や秋はブルーの幻想的な光にライトアップされた穏やかなさざ波を眺めながらお食事をお楽しみいただけます。

【パース新着(2018.6.17)】

游月のワインセラーには国内外500本以上のワインをはじめ、地酒、焼酎ほか取り揃えます。ソムリエチームの選定したワイン、日本酒、焼酎と和食との飲食同調(マリアージュ/ペアリング)をお楽しみください。

また、「オープンキッチン」の席もご用意します。
総料理長をはじめ、ソムリエ料理人がキッチンに立ち、その前には対面式カウンターをご用意。会話を楽しみながら作りたての品をお楽しみいただけます。

旅館ながら高級ホテルのようなスタイリッシュなレストランで、次世代の日本料理スタイルを目指します。

游月はレストランでのお食事を基本としますが、客室の和室でのお部屋食も可能です。宿泊プランによって夕食をレストランもしくは部屋食か選択できるようにいたします。

4.スパエステ
 ~「極上の癒しスパエステ」

最上階8階には海一望フロントオーシャンビューのスパエステルーム。

【松月のスパエステ、タラソテラピーの写真】
(游月のスパエステは新たなコースやコンセプトをご用意いたします)

日本でも有数のリゾート・ホテルに多く展開をされておられる一流のスパ様にお入り頂く予定となっております。

以上、簡単ながら新館游月のコンセプトを説明させていただきました。

建 築 主 有限会社松月旅館
設備投資協力 株式会社リョケン
静岡県熱海市和田町16−1
設計・監理 株式会社東建築設計事務所
神奈川県横浜市泉区中田南1-1-30
建設業者 株式会社鴻池組山陰支店
島根県松江市殿町516
建設費 15.7億円
敷地面積 2,133.16㎡
建築面積 981.29㎡
述床面積 4,982.57㎡
構 造 鉄筋コンクリート造
高 さ 32.643m
階 数 地上8階

オープン予定 2019年春予定
名 称 皆生 游月(かいけゆうげつ)
所在地 米子市皆生温泉3-11-1
客室数 32室 特別室(6階)4室、一般客室(3~5階)28室
館内設備 ・インフィニティ展望露天風呂/大浴場
  ・リラクゼーションスパエステ
  ・オープンキッチンレストラン

新たなコンセプトの新館游月、そして伝統スタイルの松月、それぞれ引き続きご愛顧いただければ幸いでございます。

【2018.7月中旬の工事状況】

PAGE TOP

うさぎ

雲

雲